万全の体制で、「安心できる米作り」を実践しています。

確かな成果 カリウム散布施策

米のセシウム吸収を抑制するために、作付け前に土壌にカリウム肥料を散布しています。

強く健康な苗づくりを目指して

白河浪慢の米作りは、まだ寒さが残る立春から。
種もみの消毒は薬剤を使わず行います。
この温湯消毒は手間が掛かりますが、
強い苗を作るための欠かせない作業です。

ハウス内で乾燥し終了

60℃で10分間浸潰

有機栽培・特別栽培と慣行栽培基準の比較

有機栽培米と特別栽培米の特徴

有機栽培・特別栽培と慣行栽培基準の比較

品名
白河浪慢
有機栽培米ひとめぼれ
農薬:不使用

白河浪慢
特別栽培米
こしひかりゴールド

白河浪慢
特別栽培米
こしひかり・ひとめぼれ
JA夢みなみ
慣行栽培米
(一般栽培米)
福島県
慣行栽培米
(一般栽培米)
節減対象農薬
使用割合
農薬不使用 福島県慣行栽培比
5割減
福島県慣行栽培比
5割減
   
化学肥料(窒素成分)
使用割合
化学肥料不使用 福島県慣行栽培比
5割減
福島県慣行栽培比
5割減
   
施肥 有機質肥料 JA夢みなみ特別栽培基準に
基づく有機質施肥体系
JA夢みなみ特別栽培基準に
基づく有機質施肥体系
一般栽培慣行施肥体系
(化学肥料主体)
一般栽培慣行施肥体系
(化学肥料主体)
出穂後の追肥は、食味を
落とすので施用しない
出穂後の追肥は、食味を
落とすので施用しない
出穂後の追肥は、食味を
落とすので施用しない
   
除草剤使用回数 除草剤不使用 1回
(有効成分5)
1回
(有効成分5)
2回
(有効成分4以内)
2回程度
(有効成分4程度)
病害・害虫の防除回数
(育苗・本田含む)
殺菌・殺虫剤不使用 1回
(有効成分3)
1回
(有効成分3)
7回
(有効成分9程度)
11回以内
(有効成分13程度)

JA夢みなみ特別栽培基準により栽培出荷されたJA産100%の検査米を使用(福島県特別栽培農産物認証)

自然とありのままに向き合う米作り

米の味を決めるカギである「苗作り」と「6月・7月の管理」。秋に美味しい実りをもたらすために、この生育初期の手間ひまを惜しまず、米作りに取り組んでいます。